早漏になりやすい人はダポキセチンとハイパーフォリンで改善

2020年03月31日

早漏になってしまうと、挿入時間が極端に短くなってしまうので、パートナーにとっては不満の残る性行為になってしまうことがあります。
しかし、最近では早漏気味であったとしても、改善する方法がいくつかあります。
中でも効果的な方法としては、脳内のセロトニンと呼ばれる神経伝達物質を増加させるという方法を挙げることができます。
早漏になりやすいという人は、脳内が興奮状態になって、脳がすぐに射精の指令を出してしまうことによると起こるといわれていますが、早漏になりやすい人がセロトニンの量を増加させると、この興奮状態を改善させることができるようになります。
では、どのようにすればセロトニンの量を増加させることができるのかというと、まずダポキセチンなどの抗うつ薬を服用するという方法を挙げることができます。
抗うつ薬は、うつ病を改善するための薬ですが、薬の作用としてセロトニンの量を増加させるという作用があります。
ですから、早漏になりやすい人も抗うつ薬が効果的であるということになります。
しかし、ダポキセチンなどの抗うつ薬は薬の一種になりますから、中には服用に不安が残るという人もいるかもしれません。
そこで、最近ではセロトニンを増やす作用があるといわれているハイパーフォリンと呼ばれるサプリメントを飲んでいる人もいます。
ハイパーフォリンはサプリメントですから、ダポキセチンのような抗うつ薬よりは、効果は薄くなるかもしれませんが、薬ではないため副作用のリスクなどが少なくなります。
このように、早漏になりやすい人の治療には、ダポキセチンのような薬やハイパーフォリンなどのサプリメントなどから自分に合った方法を選択して早漏を防止することができます。