早漏治療薬で人気のエバーラストとは

2020年02月26日
女性を抱く男性

ダポキセチンというのは、ベルギーを拠点としている製薬会社のヤンセンが、世界ではじめて販売をはじめた錠剤タイプの早漏治療薬プリリジーに含まれている有効成分のことです。
このダポキセチンという物質は、実ははうつ病などの精神疾患の治療薬としてまずはじめに開発されたものですが、実際に服用したケースから早漏にも効果がわかることがあきらかとなり、改良を重ねて早漏治療薬としての販売にこぎつけたという経緯があります。

このダポキセチンの作用というのは、脳内で神経伝達物質として活動しているセロトニンの不足を解消するというもので、早漏に関しても脳内の過剰な興奮をおさめて持続力を高めるといった効果があります。

わが国では残念なことに医薬品として厚生労働省から承認が下りておらず、ごく少数の早漏治療のクリニックでは輸入許可をもらって処方しているようですが、一般にはまず国内で手に入れることが難しい製品であり、しかも開発費などのもろもろの経費は薬価として上乗せされていますので、かなり高価なものといえます。

いっぽう、エバーラストという銘柄名でよばれる製品は、この先発品の早漏治療薬に含まれているダポキセチンをもとにしてつくられた後発のジェネリック医薬品であり、インドの製薬会社が製造したものです。
こちらは同じダポキセチンが有効成分として含まれている以上、効果・効能も先発品と基本的にかわりはありませんが、開発費などがかからない分だけ、かなり安価で販売されており、人気となっています。
やはり日本国内での市販というのは行われていないため、もし入手したい場合には、海外から通販によって購入する、いわゆる個人輸入というかたちになります。